ホーム>データ入稿について

データ入稿について

データ入稿について

10Mまでのデータは info@suta.jpまでお送り下さい。

それ以上の容量のデータはCDまたはMOを郵送、直接ご来店いただくか データ転送サービスなどをご利用下さい。

Adobe イラストレーター

  • 基本的にCS6で開ける形式でご入稿下さい。
  • 文字は全てアウトラインをとって、配置画像はリンクの状態で保存してください。
    ※配置画像は必ず添付してください。
  • 印刷物の場合トンボは「トリムマーク」で作成してください。「フィルタトンボ」だと適切に出力されない場合があります。
  • トンボはカラー出力の場合はCMYK100%で指定してください。(レジストレーションでも可)
    ※看板のデータはトンボは必要ありません。出力サイズでご入稿ください。
    (縮尺を変更している場合データ上に明記※1/10、1/5、1/20等)
  • 線が「塗り」の設定になっているとヘアラインで出力されます。ご注意ください。
  • 変形ツールでグラデーションを作成した場合、オブジェクトの階調が多すぎると出力されない場合があります。
  • カラーはすべてCMYKにて色付けして下さい。RGBのままだと印刷仕上がりで色が変わります。
    ※グラデーションや写真の無い看板の場合、塩ビシート切文字にて製作いたします。御打合わせ時にシートの色をお選びいただきます。蛍光やメタリック、反射シート、木目調などのシートもございます。お気軽にご相談ください。
  • 使用ソフトと異なるバージョンで保存した場合、レイアウトが崩れる場合がございます。必ずレイアウト見本となるJPG画像を添付下さい。

Adobe Acrobat(PDF)

  • パス情報や文字データなど製作用に再編集する場合、レイアウトが崩れる可能性がございますので入稿データの見本程度にご使用ください。
  • PDFしかお手元に無い場合、別途JPG画像を添付いただくか、こちらで再編集したものを再度ご確認ください。※JPG圧縮形式でのPDFは製作データに使用できません

その他

上記以外の形式(Microsoft Word、Excel、JPG他)でのご入稿の場合は、まずはお気軽にご相談下さい。

ページ上部へ